• HOME
  • 書籍
  • カープの時代 最強・古葉赤ヘル軍団の11年 1975-1985

書籍

カープの時代 最強・古葉赤ヘル軍団の11年 1975-1985

加古 大二(著)
価格: ¥ 1300円+税
4度のリーグ優勝、3度の日本一に輝いた黄金時代よ再び!

 12年連続シーズン負け越しで終えた昨シーズン。そして、迎えた2014年シーズン、圧倒的戦力を擁する巨人や阪神とともに優勝争いを繰り広げる広島カープ。ファンならずとも、その姿に想いを重ね合わせるのは3度の日本一に輝いた「古葉赤ヘル軍団」の時代だろう。
 当時、セ・リーグのお荷物とも呼ばれていた広島カープ。古葉監督就任の1975年に球団史上初のリーグ優勝に導き、赤ヘル黄金期を築いた名将・古葉竹識。座右の銘は「耐えて勝つ」。1979年にはあの「江夏の21球」で悲願の日本一を達成。そして、翌年2連覇。山本浩二、衣笠祥雄、高橋慶彦、北別府学、大野豊、津田恒美など、最強・赤ヘル軍団を率いた名将・古葉竹識監督の選手育成法、采配力とは? 膨大な資料をもとに分析し、古葉カープの軌跡と強さの秘密に迫ります。

  • 購入する