• HOME
  • 書籍
  • 30円のブラックサンダーで100億円企業になった理由

書籍

30円のブラックサンダーで100億円企業になった理由

エムシー・ブー
価格: ¥ 1300円+税
終売したどん底から利益を生み出し、世界に打って出られる方法

「10年間まったく売れなかった」というチョコレート菓子「ブラックサンダー」を製造する有楽製菓株式会社。ブラックサンダーの発売は1994年。1年後に終売からの再販という駄菓子が売れ始めたのは、2003年ごろ。マーケティング戦略はあったのかというと「いやぁ、偶然ですね。」。その謎をひもといていくと、計画と無計画のものが混在しているものの、汎用性の高い、お金をかけないマーケティングメソッドの宝庫であることが発覚。今では体操選手、某首相までもが好きと公言。台湾では類似品が出回るほどの人気。その露出はストアのみならず。豊橋の駅長など多岐に渡る。 広告宣伝費ゼロでも売れた理由を広告制作の観点からアマナの市村純(クリエイティブプランナー・プロデューサー)、デザインからの考察をかきぬまこういち(コミュニケーションデザイン・プランナー)、地方若者文化考察は開沼博(社会学者)など業界のエキスパートと対談をしながら、売れる理由をひもといていく。

  • 購入する